株式会社ダイカン
お客様サポート
会社案内映像

事業内容

処理能力 240t/日(120t/日×2炉)
炉内温度 850℃~950℃
サーマルリサイクル 汚泥乾燥装置 乾燥汚泥の減量率:75%
竣 工 1999年6月
プラントメーカー 三菱重工業株式会社
炉 式 往復動式ストーカ炉
所在地 大阪市鶴見区焼野3丁目2番79号
TEL 06-6913-2222

特 徴

本社工場は全国でもめずらしく大阪市内都市部に立地する焼却プラントです。
地域環境の維持を最優先に考えた都市型プラントです。
24時間運転の為、極端な温度の変化を起こさずダイオキシンの発生抑制に努めております。

 
コンピューター制御による半自動運転により、焼却に最適な温度管理、有害ガスの発生抑制が可能です。
本社工場では、ばいじんをキレート剤により無害化します。

焼却炉の特徴

往復動式ストーカは、多種多様の産業廃棄物(可燃物)に対しても安定した
燃焼を可能とし、耐久性・維持補修が容易な構造で、以下の特徴を有しています。

・可燃物送り方向に逆勾配(20度)とすると共に、大きな段落差を設け、
 可燃物に反動動作を加えることによりさらに燃焼効率が向上する。

・固定と移動火格子が交互に配列され、移動火格子の往復動による
 可燃物のかく拌効果に優れ、均一な燃焼を行なう。

・特殊形状を密着した火格子配列により高圧燃焼空気を均一に供給し安定燃焼を行なう。

余熱利用

燃焼する際に発生する熱は、汚泥乾燥装置や白煙防止再加熱器へ供給します。

本社フロー図

処理能力 240t/日(120t/日×2炉)
炉内温度 850℃~1000℃
サーマルリサイクル 自家発電 能力:3300KW/h
竣 工 2013年5月20日
プラントメーカー JFEエンジニアリング株式会社
炉 式 往復動式ストーカ炉
所在地 大阪府堺市西区築港新町3丁31番地
TEL 072-245-1851

特 徴

新プラント設備の特徴として、蒸気タービン発電機による高質時最高 3,300kW/hの自家発電を行う事が可能となります。自家発電によって得られた電力は、事業所内の使用及び関西電力(株)へ 売電する予定です。これにより、化石燃料使用の削減につながり、環境保全に貢献致します。

 

焼却炉の特徴

堺事業所に導入した焼却炉の形式は、往復動式ストーカ炉で焼却能力は120t/日×2炉で計240t/日を有します。

周辺環境にもやさしいプラント

主要設備全体を建屋内に収納する構造とする事で、周辺への騒音や悪臭等の漏れを抑制致
します。より、レベルの高い適正処理を実現し、循環型社会に貢献するプラントです。

堺事業所プラントフロー図